さようなら BMW

昨日は私のアメリカ生活のひとつの終止符。

 

何故なら、25年愛用車のBMWとのお別れ。

 

初めて、この車を見たときに一目ぼれ。

 

「レッド BMW]

 

アメリカ生活のさまざまなUP,DOWNを一緒に経験したベスト パートナー。

 

だけど、ここ数年はお歳を召され、問題があちこちで起こり、

 

修理費がバカにならずに、ガレージにお休みになることなんと4年。

 

私は経済的なホンダのシビックに買い替え、そちらだけを乗っていました。

 

家族から、もう乗らないなら、早く処理して、という声を聞いても、

 

どうも、手放せない。愛着があり、決心がつきませんでした。

 

ところが、昨日、夫の車のメカニックが私の車を見るなり、一目ぼれ。

 

もう、タダ同然でお渡ししました。

 

彼は新しいバッテリーを入れ替え、チョイチョイといじったら、勢いエンジンの音。

 

「ブルン、ブルン〜〜〜」。4年ぶりの響き。

 

胸がキュウ~ンときました。

 

そんな私を見て、

 

「本当に譲ってくれるの?」とメカニックのロバート。

「感慨深いけれど、もう、私には手に負えないから、どうぞ、大切にしてね」

「もちろん! 大切にしますよ。僕も一目ぼれしましたからね。このレッドはキープして故障を全部

直し、いつまでも大切にしますよ」

私は彼がメカニックだから修理して、また売るのかと思ったら、自分の車にするというので驚き。

「こんな古い車をキープするの?」と驚いて聞くと

「そうですよ」とニコニコしながら言うロバート。

「どうして?」と興味津々できくと、

「僕と同じ年だからです!」

 

 

レッドBMWはぶるンぶるンと大きな音を立てて出ていきました。

 

きっと、ロバートが大切にしてくれるでしょう。

 

ガランとしたガレージを見て、私の人生も新しい章を始めるとき。

なんか、ようやく、ふんぎりができた感じでスッキリしました。

「Good bye,my BMW]

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM