サンフランシスコ シンフォニィ

         サンフランシスコに21年も住んでいるのに、まだ、サンフランシスコシンフォニィを

聞きにいったことがなかったのです。

 きっかけは、あるコラムニストが書いたコラム。寝返りが寝ている間には、必要で寝返りを

しないと体が硬くなり、床ずれは老人にとっては大変な問題。それは、「心」にも

いえるという話。「心」にも寝返りが必要で、新しい空気は心に風をもたらしてくれる、というのだ。

この話に深くうなずいて、私にも寝返りがないと、心が床づれしそう、になってきた、ので

シンフォニィに行くことにしたのです。

 家から30分で、まったく違う世界に突入。

観客は正装して何かしら華やか。

この日のピアニストは22歳の日本人とドイツ人の混血のアリス オットのシンフォニィ デビュー。

これが、素晴らしく迫力と繊細さが混ざって、心にビュんビュんと若い風をいれてもらいました。

月に一度は床づれ防止をしようと思いました。







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM