著書「愛をめぐる」で問いかける、生き方の選択

最近、私の本について書いてくださった方のブログをたまたま見つけました。

まだ先週のことです。

 

この本は1994年に出版されているので、なんと23年前。

 

信じられない!!

なんと月日が早いのか、なんと早く年を取っていくのか?

そして、このブログを書いてくださった方に感謝です!

 

そして自分書いた本なのに、読者に言われ、自分で問いかけて、ビックリしてしまいました。

 

まずは、下記のブログを読んでください!

 

2017年03月20日

NO...4508

1994年に刊行された本「愛をめぐる逆さの常識」栢木利美著に書かれているのは、たった20年ほど前のことなのに、女性の意識が大いに変わっていることにびっくさせられます。
著者はアメリカ人と結婚している人。日本の女性をどう思うかとアメリカの男性にインタビューする場面があって、そこには.ャリアより家族が大事、夫のため、子どものためが優先。⊆己主張ばかりせず相手のことも考え、いつも控えめ。いつも微笑んでいて自己主張などしない。の鼠もインスタントは使わない。グ豸おとなしそうだけれど芯が強い。
などが並んでいました。改めて日本の女性もどんどん変化していることを感じます。
例えば住宅選びは、「郊外の一軒家で庭があり花を育て、夫や子どもと微笑ましい生活」などがイメージにありましたが、現在は「都心のマンションに住んで、妻もキャーリアある仕事をしたい」などと変わってきています。
さて、私たちの年齢を「50年若返らせてやるよ」と神さんに言われたら、どんな生き方をしたいですか?

 

さて、ここからが、私の現在の心境です。

 

私の場合は50年ではなく、30年若かったら何をしたいか?と自分に問いかけたら、

 

昔、インタビューをした、アメリカ男性のイメージになりたい!と思うのです。

 

キャリアを第一に考えて生きてきた、私にとって、まず、家族を大切にしたいが一番にあがります。

 

若いころは、キャリアに重点を起き、家族との質のある時間が過ごせなかった。

もし、経済的にかなり余裕があれば、キャリアより、もっと自分を向上させることに時間を費やす

そして家族が手料理で喜ぶ顔が自分の幸せにつながる、そんな平凡な幸せを大切にしたい。

 

ここにきて、キャリアも色あせ、何が自分に残っているのかと考えると何か空白が生まれるのです。

働くこと、キャリアを積むこと、それは素晴らしいことで後悔はありません。

 

ただ、最近、感じ、思うことは、女は男と違うんだ、ということ。

 

処女作に「女にできない職業はない」という本を書いた著者が、この年になっていうなんて

意外かもしれません。

 

自分でも今の心境がよく理解できないのです!!!

 

ただ、世の中も人は変わる、その中で、どうやって生きていくのかは、その人の選択意外、誰もできません。

 

今の私は、キャリアというものに疲れたのかもしれません。

 

この時期が過ぎれば、また、何かが生まれるのかもしれません。

 

あなたは、どう思われますか?

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM