スパイの正体をあばいた市民ジャーナリズム、Belling cat. 

前回のブログで、現代では、誰でもがジャーナリストになれる、という記事を書きました。

 

ちょうど、良いタイミングで私の尊敬するイギリス在住の国際ジャーナリスト木村正人氏の記事があったので

記載します。

さすが、イギリスは007やMI6(British security service)で知られているだけのことがあって

市民の目の鋭さが違いますね。

 

 

記事

 

毒殺未遂事件の容疑者 ロシア工作員の仮面を剥いだ英国の市民ジャーナリストたち

 

[ロンドン発]英イングランド南西部ソールズベリーで今年3月、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)元大佐で英国の二重スパイだったロシア人男性セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんが兵器級の神経剤ノビチョクで暗殺されそうになった「スクリパリ事件」。

スクリパリ氏宅に急行した警官も一時意識不明になったほか、6月にも事件現場の近郊でノビチョクを浴びた市民2人が巻き添えとなり1人が死亡、1人が一時重体となった。

ロンドン警視庁は9月5日、GRUに所属する容疑者2人の写真を公開した。

翌6日から、オープンソースやソーシャルメディアをもとに調査報道を手掛ける市民ジャーナリストが2人の仮面を剥(は)ぎ取った。

 

 

「猫の首に鈴をつける」市民ジャーナリストたちがスパイ顔負けの追及を始める

 

市民ジャーナリストたちはイソップ寓話「ネズミの相談(bell the cat)」にちなんで「ベリングキャット(猫の首に鈴をつける)」を名乗っている。

https://www.bellingcat.com/

この寓話は、猫に襲われないために、ネズミたちが相談して「猫の首に鈴をつけよう」と決めるものの、いざ実行するとなると、どのネズミも手を挙げようとしないというストーリーだ。

つまり「ベリングキャット」には、誰もが怖気づく困難な調査報道に取り組むジャーナリストたちという意味が込められている

CCTVに写った犯人像


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM