草間 彌生(くさま やよい)展

 

草間 彌生、 今、アメリカで日本人の芸術家で有名な人、といえば、彼女の名前を挙げる人が

たくさんいます。

 

私は、その昔、水玉模様の芸術家ということぐらいしか知りませんでした。

 

ところが、最近、彼女の名前をよく聞くようになりました。

夫の知り合いのマイクのお父さんが1970代にニューヨークで彼女の絵画を購入し、最近、

このお父さんが亡くなったので、遺品として引継ぎ、オークションにかけるそう。

かなりの高値になるというのです。

 

それを聞き、日本人でありながら、

私はほとんど、彼女に対して知識がなかったので調べてみました。

下記はウイキぺディアからの抜粋です 

 

草間 彌生[2](くさま やよい、1929年昭和4年)3月22日 - )は、日本芸術家長野県松本市生まれ。

幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。1957年(昭和32年)に渡米すると絵画や立体作品の制作だけではなくハプニングと称される過激なパフォーマンスを実行し、1960年代には「前衛の女王」の異名をとった。

草間彌生のいくつかの作品は、水玉模様などの同一のモチーフの反復によって絵画の画面や彫刻の表面を覆うことが特徴の一つである。合わせ鏡を用いて光やオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションや、男根状のオブジェを日用品などに張り付ける立体作品も制作している。カボチャをモチーフにした作品もしばしば見られる。

また、ファッションデザインや小説執筆などの活動も行う。

 

 

彼女のインスタレーションが11月17日から来年4月28日まで開催され

それを見る機会があったので行ってきました

 

 

 

真っ赤な髪に赤に白の水玉模様。

これが、アメリカでの草間のイメージです

 

上記の写真がインスタレーションです。

小さな部屋に一人づつ入り無限代世界の体験をします。

45秒で13ドル。ちょっとお高いように思いますが、

たくさんの人がこの部屋に入るために列を作っていました。

体験は素晴らしく、宇宙の果てに行ったような感じでした

 

 

 

下記は記念に彼女の作品集を購入しました。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM