サンフランシスコでボロボロ屋敷の小さな家が2億8千万円で売り出し中!

私の連載「サンフランシスコ ナウ」でも書きましたが、

 

サンフランシスコの家の値段が異常上昇しているひとつの例の最新情報をお伝えします。

 

下記の家の広さは640スクウエア。日本の坪でいうと約18坪ぐらい。

 

この家が先週、2,5ミリオン(約2億8千万円)で売りにでました。

 

1900年代に建てられたこの家は20年前までは、借家で貸してあったのが、

 

修理費が追いつかなくなり、そのまま、空家になっていたそうです。

 

このボロボロの家にも22件の買い手の申請書が出されたそうです。

 

不動産屋によると、更地にして新築の家を建てれば、立地条件が良いので

 

良い買い物になる、ということでした。

 

これも、今週のニュースですが、サンフランシスコはビリオネアが75人になり、

 

ニューヨーク、香港に次ぎ、世界3位ビリオネアが多い、都市になったそうです。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM