怖いという感覚とワクワクする感覚は同じ周波数!?

ブログを1ヶ月書かない間に、コロナの死亡者は20万人になってしまった!

 

そのうえにカルフォルニアの大火事で太陽が濃厚なスモッグで隠れ、太陽が出ない日が3日も続くという

 

生涯始めての経験をした。何しろ雨が降ったのが5ヶ月前?もう覚えてないほど、昔だ。

 

 

太陽がないために、昼間でも電気をつけなくてはいけない。太陽がでている日は最高気温37度、ロサンゼルスでは42度を記録。

 

太陽が出ない日は、10度に下がり、ヒーターが朝には必要なくらい。前日はタンクトップにショーツだったのが、

セーターに厚手の靴下。猛暑から、一気に冬。これぞ、異常気象ではないなら、なんという解釈があろうか!?

 

 

これほど、コロナとスモッグで外に出れない日が続くと、家の中にいることがあたりまえで、外に出れることは、恵まれていたことに気づく。

 

いったい、他人は何をしているのだろうと気になる。。

 

散歩に行って気がつくのは、どうやら、家の中の片づけをやっている人が多いということ。

 

外に山済みの寄付用の箱を積み重ねている。

そのときに起こる恐れや不安。それは誰しもあたり前のこと。

自分だけじゃないんだ!

 

置かれた状況の中で人は何かを見つけ、生きていく

 

つまりは今の状況にただ慣れるしかない。

怖いという感覚を、ワクワクするっていう言葉に置き換えてみる。

 

実はそれは、同じ周波数だという。

 

置かれた状況の中でワクワクを探しはじめた。

 

それは、やはり片づけにあった!

 

子供が巣立ったので、断捨離するのには、絶好の機会。

 

人生、最後になるかもしれない、片づけをはじめた。

 

 


コメント
コメントする








   

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • もう、リラックスしちゃえ!
    cocoapuff3
  • 若い、美しい! なんと80歳!!(Jane Fonda)
    木田 等理
  • 母、姉と南房総の旅
    Akiko Nihei
  • 家族が東京で再会!
    美樹
  • 突然の死
    響子

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM