うれしい賞

昨日は、何年ぶりかのうれしい知らせでした。





アメリカで英語で本を出版するという、夢を追いかけて5年。
ついに2年前に出版社が見つかり、この1月に出版になりました。
本のタイトルは「GREEN TEA LIVING]。
日本人の昔から伝わる健康法、掃除、美容、洗濯、暮らしをエッセイとイラストで
書いたのです。日本人がエコを昔から身につけ、食事、健康が世界一の長生きに通じている
ことをアピールした本です。
 4月25日の地球の日には、GREEN DAY WEEKの本として選ばれたのでした。

そして5月15日にNATIONAL INDIE EXCELLENT AWARDS 2010の環境 グリーン
の分野でFainalistの賞をもらいました。

うれしいです!

いままで夢を50代半ばでおいかけて、いいことは何もなく、金銭的余裕もなく
何度も自分は才能がないのだ、という声と戦いながらの日々でした。
誰かが認めてくれる、これは物書きにとって資格書をもらったようなものです。

誰でも書くことはできる。たいへんだけど出版もできる。
だけど、その後は?
ベストセラーになるのは1%の人。それ以外の人はいつもいつの日か陽が当たることを夢見て
続けていく。

この長かった30年近い物書きの道程に小さいけれど確かな光をみた感じです。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM