花のある暮らし

 

いつの日にか、私は一日の30分は花の世話をするようになりました。

庭に咲く花を世話しはじめると、心が落ち着いてくるのです。

どんな小さな雑草の花でも素晴らしい輝きを持っていることがあります。

そんな出会いが私をなぐさめてくれます。

お客さんがくるときは、以前はお花やさんの花を買ってきたのですが、

ここ5,6年、自分の庭の花でお迎えします。

すると、必ず声がかかります。

「お庭の花がお迎えしてくれてありがとう」

ちょっとリッチな気分!



サンフランシスコに住んでいながら、観光地にはほとんど行ったことがないのです。

私の友人も30年いても、まだ数回しか行ったことがないというサルサリートという

映画の舞台にもたびたびなる湾にそって立ち並ぶ高級リソート地に行ってきました。

ちょうど行く前日にテレビで「MOTHER」というサルサリートを舞台にした映画を観た

ばっかりだったので、すんなりとこの景色に入れました。

でも、りっぱな家は見上げなければどこも見れません。

こういうところには、どういう職業の人が住んでいるのでしょうね。

昼食はシュリンプサンドイッチ。お値段はチツプを入れると23ドル。

ちょっと高めですが、たまには違う雰囲気の世界が味わえました。

気分が変わるだけで気分が落ち込みやさい私には良い薬です。


midnight in paris

 昨日はウディ アレンの新しい映画の「midnight in paris]を観にいきました。

むろん、彼が監督をして今回は本人は出ませんでした。

芸術の都、パリ、ライター、そして美しい彼女。いつもの彼の独特な書くことに苦労しながら

面白おかしく人と交流していくライターの姿 が描かれています。

もう70代後半に入っているウディ アレンですが、まだまだその実力は劣っていません。

場所のセッティングのパリとライター、というこの言葉だけで観に行く、私のようなものもいる

のです。映画のパリは素敵。実際はどうなのでしょうね。

私が行ったのはもう30年前。

今回、フランスで10月28日にお茶の本が出版されます。

秋のパリにでも行きたい、などと映画を観て思いました

ヒーリングのネコ

 ネコのフランクですが、何が神秘がかっているかというと、

家族の誰かが問題を抱え、悩みや不安があると、本人は誰にも言わなくても

フランクにはわかり、必ず、その人のベッドに行き、目を閉じ、頭をあげ、ヒーリングを

するのです。すると、何故だが、事態は良い方向に転換します。

だから。何かが起きたときは、まず、フランクに報告をし、

ヒーリングをしてもらうのが、慣習となってしまいました。

それも、フランクが遠くに行っているときに、何かが起きても

必ず帰ってきてくれるのです。

人に話すと信じがたい人も多いのですが、まぁ、フランクは特別存在であることには

間違いありません。

教会へ行くネコ

           我が家のネコはちょつと神秘がかってます。

近所の人に「お宅のネコは教会へ行くのですか?」と言われ、びっくりしました。

家から7軒先に教会があります。私の家は坂の中間点にあり、降りるのは簡単でも

上るのは大変です。それも、ネコの大きさで坂の昇り降りをするのは大変な労力です。


近所の人が言うには、毎日通っているそうです。

そこである日、1週間私が散歩がてら、教会へ行ってみました。

すると、ある日の一日ネコのフランクに会ったのです。

教会に行っているせいか、人の争いが嫌いで、

私と夫がたまに声をあげて口論をすると、真ん中に入り「ミャオ、ミャオ」大声で

仲裁に入ります。その声がすごいので、私たちは口論もしなくなりました。

ほとんどのことがわかるようで、フランクの存在は我が家ではなくてはならない人?になりました。

ダンスは楽じゃない

 昨日はダンスクラスでした。

このクラスは動きが少ない中高年向きと聞いていたのですが、

どういうわけか、昨日は老人に見える人は3人しかいません。

そのかわりに新しい人たちが4人加わりました。

この人たちは20代のヒスパニック系のスタイルが良いヤングレディ。

はじめてなのに、音楽が鳴り出すと自然に体が動くのです。

先生のお手本を見ながらでも、素晴らしいステップ。

私など二回目でも、ステップができない、手がついていかない、体が動かないのです。

アメリカに住んで思うのは、生まれ持った素質が特に、音楽、ダンスにはすぐ現れます。

黒人の赤ちゃんは音楽がなりだすと、体を自然に動かし、上手に音楽にのります。

日本人はどうしてもあの類に入れる人は少ないと思います。

ダンスクラスに行って、人種の違い、年齢の違いを体で感じてきました。

クーポンで節約

 アメリカの日曜版の新聞は5センチぐらいあり、すごい量です。

その中に広告もかなりあり、これを見ているだけで1時間ぐらい過ぎてしまいます。

私はいつもクーポンを探します。

レストラン、マーケットの売り出しクーポン、それによって買い物にでかけるのです。

同じものがクーポンで1ドルぐらい違うとなると大きいですから。

昨日も蟻専用の殺虫剤、ティシュぺーパー、缶詰などを買い、5ドルぐらい

節約しました。

でも、これができるのは、時間のある人ですね。

今は時間がたっぷりあるので節約に励んでいます。





人生、旅立ちのとき

 今日はアメリカの人気のモーニングショー「TODAY] のホストのMeredith Vieiraの最後の日でした。

5年の契約が切れ、人気があるので更新するかと思ったら、

病気の夫と家族と過ごしたい意思から今日で最後となりました。

彼女が言ってました。「時には辛くても、ドアを閉めて、新しいドアを開けなければならない」

私も航空会社に22年勤め、一区切りというか、私も病気の夫と母の面倒を最優先にしたい。

それには、今しかないと思い、ひとつのドアを閉めました。

定収入がなくなり、作家として再出発。まだ、収入がついてこないのが一番の悩み。

どこまでできるか、新しいドアの向こうには何が待っているのでしょう。

これからも、お付き合いしてくださいね。

元気がでます!

 元気がないとき、道に迷ったとき、くじけそうになったとき

このビデオを見てください!

 




カップルの死

 知り合いのボーイフレンドが早朝、犬と散歩をしていて、

突然、心筋梗塞で亡くなりました。72歳でした。それが2週間前。

その知り合いが2度目の乳がんの治療で入院して、彼女を病院で介護して

いたのが、この彼氏。彼女は大変、感謝してました。

まさか、乳がんの彼女より先に死ぬなんて誰も考えられませんでした。

そしたら、昨日、彼女が突然、亡くなったとのこと。

ボーイフレンドが亡くなり、早く、彼のところへ行きたいと家族に話していたそうです。

彼女の最後の願いが叶ったということでしょうか?彼女は65歳。

人間の最後というのは、生きる目的が無くなったときに起きるのかもしれませんね。


kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM