obama got osama

 昨夜から、アメリカはウサマ ビンラーディンの死亡ニュースで大騒ぎです。

2001年の9月11日からですから、もう10年近くもテロ爆破に怯えて暮らしていたのですから

大喜びもわかります。オバマ大統領の決断力が今回の40分の攻撃で終わったのです。

国のトップに立つ人の決断力、判断力によって、国民の生活が変わるのですから、

考えてみると誰がなるかは重大なことです。どこの国でも指導者には迅速な決断力が必要です。

 それにしても、自分が何もしなくても、世の中はめまぐるしく変わっているのですね。

3月11日の震災、津波、原発のあとアメリカ、アラバマ州などでおきた竜巻、ロイヤルウェディ

ング、ウサマ ビンラーディンの死亡。次から次へとメディアを騒がせることが起きて自分までも

がその中にいるような錯覚をしてしまいます。

でも、私などテレビもコンピューターもOFFにしていれば、何も知らずにいられるわけです。

それなのに、アチコチが気になり、自分のことなど何もせずにこうして今日も終わっていくのです。


パール バックの絵本「つなみ」

 http://www.youtube.com/watch?v=uiIbBiUnMxs

ぜひ、上記のサイトを見てください!

1947年に出版された、パール バックの絵本です。

これほど、すべてを言い表している本はめったに出合いません。

言葉の力がパワフルに伝わってきます。

災難のあと、生きる意味とは?

パール バックが静かに語ってくれます。

勇気をもらいましょう!

見て、見て、不思議 オーブ !



 

昨日、載せたサンフランシスコ シンフォニー ホールの写真です。

最初はカメラのレンズの汚れだと思っていたのですが、この写真だけが白っぽいというか

グレイの丸い玉のようなものが写っているのです。

友人でよくこの経験をする人の話を聞いていたので、冷静にオーブ(エネルギーのオーラ)

だとわかったのです。

死者の霊魂だという人もいるようですが、とにかく、この日のコンサートにはたくさんの

オーブが来たのは確かです。それにしても右上の巨大なオーブは誰かしら?

ドレスアップでシンフォニーを!



昨日は、サンフランシスコ シンフォニーのベートーベンのピアノ コンチェロ 5

の皇帝を聞いてきました。

ピア二ストはジョナサン ビスという若手の天才的才能の持ち主。素晴らしい演奏で

いつのまにか、心がゆったりとほぐれていくのがわかるぐらいでした。

やはり、良い芸術に接し、心に潤いを与えることは必要だと思いました。

演奏を聴きにきている人はクラシックのせいか、初老組みが多く、皆ドレスアップ。

ところが2割は若者で、彼らはジーンズにスニーカー。そしてジャケットを男性ははおり、

女性は 高いハイヒール。あれが彼らの正装なのでしょう。

私は黒が一番無難なので、コンサート用のワンピースを買いました。

これを毎回着ると、気分が潤ってくるのです。

やっぱり、女性はたまには、ちょつとドレスアップが必要ですよね。

(手には「がんばれ日本」のブルーのウィストバンドJAPAN HELPをしてます)

ロイヤルウェディングと減量!

 今日のアメリカのメディアは明日のイギリスのロイアル ウェディング一色です。

ケイトもウィリアムも美男美女で、まるで映画の俳優のようです。

やはり、美しい王女様は皆の憧れです。

これが、肥満で誰も振り向かない顔のお姫さまだったら、こんなスゴイ盛り上がりはない

のではないかと思います。

あの美しいケイトの容姿を見ていると、自分の容姿が気になってきます。

最近、皆にふっくらしてきたと言われる私。

要するに太ったということでしょう。

あのようなスタイルになりたいと思って、ジム通いにがんばっているのですが、

1キロ痩せるのが大変。いくらがんばっても、1キロ減らないのです。

腰を痛めているので、無理をしないようにしているので、そのせいで効果が

出ないのでは、と本人は思っているのです。

ところが、腰のドクターは「毎日、運動しなさい。大丈夫。痛みが軽減します」

なんて言われて、本当カイ?と疑う私。

ハッキリいったら、やはり怠け者ということなのです。

ロシア人のドクター、インターンとの出会い

福島原発の原子炉と使用済燃料をきちんと冷却できる目処は、まだ立っていない。
冷却装置の設置はおろか、敷地内に運び込むことさえ出来ない。
一方、高濃度汚染水の流出がつづく。
東電ははっきりは言わないが、要するに特攻隊が必要だ、ということらしい。
今、この国で特攻隊を募るのはきわめて難しい。
困惑の中、いたずらに時間ばかりが過ぎていく。

これは、田原総一郎氏の昨日のブログです。

最近のアメリカのメディアでは、日本の原子炉の話がでることはなくなりました。

聞かないと、これで落ち着いてきたのでは、と安心感がでてきたところだったのです。

私は田原さんのブログだけはいつも読むのです。彼は私の大学時代の講師で、

ジャーナリストの基本を教えてくれた人なのです。

そのブログを読んで、高濃度汚染水の流出が続いていると聞き、ショックでした。

そして、今日のことです。

今日は私が腰を事故で痛めて、毎3ヵ月後の検診の日でした。

私のドクターが入ってくると、インターンのドクターが一緒にやってきました。

彼はロシア人でした。私が日本人だとわかると、彼がこういいました。

「25年前の昨日、チェルノブイリ事故が起きました。自分は100キロの所に住んでいました。

25年前の原子炉の石棺工事にとりくんだ若者の20%ががんや白血病でなくなり、

25年後の今でもがん患者は増え続けています。自分は100キロでしたが、今でも時々、放射能値を

調べます」

と50歳にはなる彼はアメリカに渡り、今、医者になる最終段階のインターンをしているのですが、

彼の言葉は、すごいショックでした。

田原さんのブログの特攻隊は25年前のチェルノブイリの若者のことです。

25年たったインターンの彼は今でも、自分の放射能値を気にしている。

福島では6基も原子炉がある。そして、今、こうしているときにも流れている。

いったい誰がどうこの問題を解決するのでしょうか?

時間だけは確実に過ぎていく。25年後の今でもインターンの彼のように放射能がつきまとっているという

現実。それほど、恐ろしいことだと、今日は目を覚まさせられました。

日本の政府が言うようにチェルノブイリとは違う、ということを願います!

Japan help

 

"japan help"

Product Details
Japan: Memoirs of a Secret Empire
- Amazon Instant Video (Oct. 2, 2009) by PBS
Watch It Now: $1.99 per episode
3.
 
 

Buy new: $14.95 $10.17
24 new from $8.62
13 used from $7.16
Get it by Tuesday, Apr. 26 if you order in the next 24 hours and choose one-day shipping.
Only 3 left in stock - order soon.
5.0 out of 5 stars   (4) Eligible for Amazon Prime

 
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss?url=search-alias%3Daps&field-keywords=japan+help&x=9&y=22

上記は、アメリカのアマゾンのウェブサイトです。

友人がJAPAN QUAkE がんばれ日本」の腕輪をしていて、すごく目立ち格好良い
し、義援金にもなるので、どこで買ったかを聞いたら、アマゾンの「JAPAN HELP]
というカテゴリーだというので、早速、調べました。
そしたら、ビックリしたことに、私の本が3番目に出ていてうれしくなりました。
家族も友人もこの腕輪が欲しいというので、10個購入、そして私の本も何らかの関連で義援金
になるのならと、2冊(すでに在庫を持っているので)購入しました。
みなさんも、腕輪と私の本をセットで買って、募金してください!!
 

高級感をゆったりと味わう時間


 昨日、日本から知人が来たので、サンフランシスコのダウンタウンにある

Neiman Marcusというデパートの中にあるレストランでお昼をしてきました。

ここは高級デパートで中には、ほとんど人がいません。

何しろ、有名デザイナーの店だけが中に入っていて、値段が桁違いです。

コートは3000ドル、スカートが1200ドル、ドレスが1800ドルと

上から下まで揃えれば、100万円なんてスグなくなってしまいます。

そのせいか、見ている人も少なくて、どう経営が成り立っているのか、わかりません。

でも、よく見ていると買っている人がいるのです。

世の中、どの階級に属するかで、金銭感覚はまったく違ってくるのでしょう。

トイレが素晴らしくて、個別のトイレには、洗面台が中についていて、ゆっくり、お化粧直しも

できるのです。優雅の気分を味わったあとは、レストランへ行きました。

ここは、ユニオンスクウェアが真下に見えるとても良いところです。

お値段はサンドイッチが30ドルだから、ちょっと高め。でも充分、ゆったりした気分にしてくれます。
こうして庶民は、優雅な気分を味わうこともたまには必要だとつくづく思います。

一日、なんだか別世界にいた気分でした。

心の青春 吉田拓郎

 昨日の吉田拓郎の「今日、そして明日から」です。

http://www.youtube.com/watch?v=B5Ol2r549RY

わたしは今日まで生きてみました
 時には誰かの力を借りて
 時には誰かにしがみついて
 わたしは今日まで生きてみました
 そして今わたしは思っています
 明日からも
 こうして生きてゆくだろうと
 
 わたしは今日まで生きてみました
 時には誰かをあざ笑って
 時には誰かにおびやかされて
 わたしは今日まで生きてみました
 そして今 わたしは思っています
 明日からも
 こうして生きてゆくだろうと
 
 わたしは今日まで生きてみました
 時には誰かに裏切られて
 時には誰かと手を取り合って
 わたしは今日まで生きてみました
 そして今 わたしは思っています
 明日からも
 こうして生きてゆくだろうと
 
 わたしにはわたしの生き方がある
 それはおそらく自分というものを
 知るところから始まるものでしょう
 
 けれど それにしたって
 どこで どう変わってしまうか
 そうです わからないまま生きてゆく
 明日からの そんな私です

 わたしは今日まで生きてみました
 わたしは今日まで生きてみました
 わたしは今日まで生きてみました

 そして今 わたしは思っています
 明日からも
 こうして生きてゆくだろうと
 

彼の歌詞の「今日まで生きてみました」
というのが、「生きてきました」とは違い、とってもイイと思ってしまうのです。
人生をユータンすると、終わりまで、生きてみようか、と肩の力を抜いて思える昨今です。

私の青春 吉田拓郎

 知人から吉田拓郎の「今日までそして明日から」のYOU TUBEが送られてきました。

聞いていたら、昔の感情が揺さぶられ、思わず、涙ぐんでしまいました。

若かったころ、恋とは、愛とは、人生とは、生きる意味とは、などなど

色々と悩んだりした青春。

あの感情はまさに吉田拓郎の歌の中にあったのです。

息子が披露宴で妻になる人に書いたラブレターを皆に披露するから、

日本語をチェックして欲しい、と言われました。

そして、気がついたこと。

私には恋たる感情、愛たる感情は長い眠りに入ってしまい、その感情さえ、忘れていたこと。

息子のラブレターを見ながら、「恋って、愛って?」あの感情はどこへ行ってしまったのだろう

と思いました。ここ数十年、そんな感情は無くなってしまったのです。

では、夫には? それは長年の友人というのが当てはまるのではないかしら。

何しろ、胸のときめき、がないのです。

吉田拓郎の歌を聞いて、私の青春、胸のときめきがあったあの頃を蘇えさせてもらったのです。



kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM