オーガニックへの消費が伸びている!

先日のブログで

「フランス人は10着しか服を持たない」は15年前のブログの話しが本になり、

昔のアメリカの話しが書かれている。例えば、肥満体でハンバーガーやポテトチップを頬張っているのが
典型的アメリカ人のような話。でも、現代は違う、という話を書きました。

 今日は何が違ってきているか、ということです。

先進国、先進都市では消費が落ち込んでいます。

いまや、ニューヨークやサンフランシコでは生活費の半分が住居費です。

これは、15年前には考えられないことでした。

そのため、洋服や家電、車の購入は減少しています。

では、まったくケチケチの生活をしているかというと、消費が伸びている分野があります。

それは、「食」に関してです。モノを買わないかわりに、自分が口にする食事には

お金をかけるという志向です。それが、「オーガニックブーム」につながってきています。

つまりは、強い健康志向への移動です。これは、もう15年前にブームの走りになり、昨今で

定着した感じです。



この上の卵ですが、ふつうの卵は$2.99〔左)、オーガニックは$4.69〔右).
と$2ドル(1ドル118円として、236円)違います。

いったいどれぐらいの人が買うのか忙しい買い物時間の夕方に観察しました。
卵は売れるアイタムなので15分、このコーナーに立っていました。

10人のうちなんと8人が、約240円違うオーガニック卵を購入しました。

昨今のアメリカは食に関しては、新鮮で健康に良いというオーガニック製品がダントツに売れています。

シンプルな生活 + オーガニックな食生活、これが私の住んでいる、今のカリフォルニアの生活です。

 

「フランス人は10着しか服を持たない」15年前の話しが、何故、売れるの?

日本で本屋さんに行き、何が今、いちばん売れているのかを見てきました。


この「フランス人は10着しか服を持たない」が60万部も売れ、本屋さんの
正面コーナーを大きく陣取っていました。
パート2も発売されたところです。

何故、売れているのかを知りたくて参考のために、この本を購入しました。
内容はアメリカのカリフォルニアガールが貴族の家にホームステイを6ヶ月してマダム シックから学んだ、毎日を「特別の日」のように
生きることについてです。

本を読んでいると、これはいったいいつごろの話しなの?
という疑問が沸きました。
典型的アメリカ人は大量消費にまみれた、デブでだらしない人たち、というイメージです。

調べてみると、これは2001年のブログが本になっています。
なんと、もう15年前の話しです。

ハッキリ言って、今のアメリカは違ってきています。
生活は質素になり、健康志向が強く、食べ物はオーガニックが主流です。

これが、日本で今、爆発的に売れたということはどういうことでしょう。
15年前のアメリカ人の体験が日本で受けるとは、私には理解できないことです。

この本を読んでいて読者には、この本の内容が古いなどとは、思えないと思います。
新刊で出版されるには、いつの話しかを明記すべきだと思いました。







 

アメリカ流 親の家の片づけ  平積みで初対面しました!

今年、はじめての日本滞在は春と冬を交互で過ごす
温度が毎日違う、季節の変わり目でした。


まずは、
本屋さんに行きました。昨年、生まれたわが子に会うためです。

もう3月になって、本屋さんに片づけられてしまっているのかと心配でした。

ところが、ありました! 松戸の駅ビルの本屋さんに平積みで置かれていました。

ありがとう!本屋さんです。今では売れない本は梱包のまま、開けずに返品になるのも

多いと聞きます。書棚、それも平積みで置いてもらえるのは光栄です。 



「アメリカ流 親の家の片づけ」がkindle〔電子書籍)になり発売になりました。
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01BLGEQUG/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

こちらも、よろしくお願いします!

ワインカントリー「ナパ」へ12年ぶりに行きました!


エルニーニョのために毎日、雨の北カリフォルニア。

そんな雨の合間を見て、ナパへ行ってきました。

2時間ぐらいで自宅から行けるのですが、行ったのは12年ぶりです。

行く途中の草原はもう春です!

 

雨の間から虹が見えました。


いつもいくワイナリーsattuiは以前と変わらずの姿でありました。
ただ変わったのは、チャーターバスで中国人の団体がくるようになったことです。
下の写真はまだ、誰もいないときの写真です。

 

「奇跡の宝くじ」と「新刊 アメリカ流 親の家の片づけ」

つかのまの晴れ間です。
7年目のシンビジウムが今年も見事に咲き始めました。
雨に打たれ、色合いもきれいになった感じです。

今、なんといってもアメリカで大きな話題はpowerball jackpott.
日本でいうならば、宝くじですね。
1月6日に当選者がなかったために、13日に持ち越し。
今日の時点で$800ミリオンドラーズです。
日本円で120円で換算して960億円(!!!)かしら?
あまり額が大きいの計算できなくなってしまいました。
こんな奇跡が起きたらどうしよう?
などと、数日の夢をみることにしました!
来週までにビリオンになりそう!!
そこで大きな奇跡の夢を買いました。


アメリカ流 親の家の片づけ」から〜

「MRIを見れば、生きているのが信じられない状態です。
僕は「奇跡「という言葉を信じますよ」
と脳外科の猪野屋先生がおっしゃいました。
母は奇跡で生きているのだそうです。



http://www.amazon.co.jp/モノを減らしてゆたかに暮らす-アメリカ流-親の家の片づけ-アントラム栢木利美/dp/4804705090/ref=pd

私にとっての奇跡は宝くじで大当たりしたように母が奇跡で生きていることかもしれません。
この本にも「奇跡」が起きることを願ってます!

 

久しぶりの雨と新刊「 アメリカ流 親の家の片づけ」


なんと1週間も雨が降り続けています。
ここ何年も雨が降らずに、芝生に水やりをすれば、何万円もの罰金が取られるという
昨年までの、異常気象が今週はウソのよう。
外に出ると、土砂降りでも傘など持っていません。
平気で雨に濡れて、走りもせずに、楽しんでいるように歩いているのです。

久しぶりの雨で、私はここ何年も傘など使わなかったので、見つからずに、雨の中を歩いてみました。
気持ち良かったのですが、どうやら風邪を引いてしまったようで、今日はベッドで休んでいます。

雨の音が気持ちよく、エンヤの音楽を聞きながら、久しぶりの休養です。



「アメリカ流 親の家の片づけ」から〜

中皿は植木鉢の下皿に

どうせ処分するのなら、高価な備前焼の皿でも植木鉢の下皿につかってしまいましょう。

出して使ってみる価値はおおいにあります。植木鉢に高級感をもたらします。




http://www.amazon.co.jp/モノを減らしてゆたかに暮らす-アメリカ流-親の家の片づけ-アントラム栢木利美/dp/4804705090/ref=pd

計画は立てない今年と「アメリカ流 親の家の片づけ」



明けまして、おめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

年末から新年にかけて、北カリフォルニアのアケーダの友達の家に行ってきました。
快晴で沈んでゆく夕日がとても印象的でした。
この写真が31日の夕日です。

今年は「計画を立てない」ということにしました。
昨年は本の出版でも色々計画があったのですが、出来上がりは半分以下の出来ばえ。
だから、今年は流れに任せ、「なるようになる」の精神で行こうと思いました。

そして、シンプルなことをモットーとする。
「起こっていないことを心配しない」
「起こっていないことで悩まない」

計画ばかりを立てると、前へ進めなくなってしまうものです。
計画を立てるのは「不安」で先が見えない恐怖からです。

このネガティブな考えが足を引き、前に進めなくなってしまうということに
この年齢になってようやくわかってきました。

「成るようになる」という気楽な気分でモノゴトをとらえようと思ってます。



http://www.amazon.co.jp/モノを減らしてゆたかに暮らす-アメリカ流-親の家の片づけ-アントラム栢木利美/dp/4804705090/ref=pd

 「アメリカ流 親の家の片づけ」から〜

 人生の最終章を「終活」と呼ぶなら、

「実家の片づけ」は親子の最後のプロジェクトです。

ひとつ確かに言えることは、私たちは、その中で「小さな幸せ」をみつけました。

それは、お金でもモノでもなく、「人とのつながりから生まれる「微笑み」であり

母との会話からもたらされる「笑顔」です。


この本を読んで下さった方がTWITTERに載せてくれました。
ありがとうございます!

 
久々の新刊(^O^)/ とっても良かった^_^ モノを減らしてゆたかに暮らす アメリカ流 親の家の片づけ https://t.co/NjvYzGNsBx


 

今年のハイライトと「新刊 アメリカ流親の家の片づけ」スーツケース2つの身軽さ

今年のハイライトはなんと言っても、
母が脳梗塞になって以来、8年ぶりに南房総に
親子3人で旅行したことです。
5月のさわやかな季節に旅行でき、良い思い出になりました。

そして9月に家族皆で日本で再会したことです。
笑顔での再会が何よりもの贈り物です。


アメリカ流 親の家の片づけ」
p37 1章

義母はよくこう言ってました。

「私が死んでも、モノの処分で困ることはないわ。
たぶん、スーツケース2つぐらいよ」

身軽になっての暮らしの「終い方」が理想です。


「身軽」という素敵な詩があります。

坂村真民 「身軽」

何が一番いいか
身軽なのが一番いい
春の鳥のように
いきいきと
夏の風のように
さらさらと
秋の木の葉のように
ひらひらと
冬の星のように
さえざえと


http://www.amazon.co.jp/モノを減らしてゆたかに暮らす-アメリカ流-親の家の片づけ-アントラム栢木利美/dp/4804705090/ref=pd

新刊「アメリカ流 親の家の片づけ」  生活のスリム化のお手伝い

クリスマスが終わっても、夕方’になるとクリスマスライトが点きます。
年に一度、家の中をディズニーランドのように明るく楽しくしてくれる
ライトは、もうしばらくの間、置いておこうと思います。

今日はアフタークリスマスセールです。
お店は早朝6時に開き、50−70%オフという大バーゲン日です。
この日は、自分のためのモノを買いに、モールに出向きます。
私も昨年までは、早起きして行ったのですが、
今年は断捨離ムードで行く気にもならない自分が不思議です。


「アメリカ流 親の家の片づけ」

p52 第1章

私ができることは、母が生活のスリム化をしていくうえでのお手伝いでした。

自分が買って手にしたモノは自分で処理すのが、

モノにとっても自分にとっても幸せな最後だと思うのです。

他人に任せて好き勝手にされる前に、

持ち物は少なく、生活をスリムしておくことが、

自分でも納得のできる「暮らしの終い方」ではないかと思います。


http://www.amazon.co.jp/モノを減らしてゆたかに暮らす-アメリカ流-親の家の片づけ-アントラム栢木利美/dp/4804705090/ref=pd

新刊「アメリカ流 親の家の片づけ」 お皿は3枚でいい

 昨日までは冷たい雨の毎日でしたが、今日は快晴です。
 雨といっても北カリフォルニアは干ばつでまったく雨のない日が何年も続き、
 深刻な問題になっているので、この雨は恵みの雨です。

 誰も文句を言う人はいません。雨が降っても、傘も持たずに歩く速度も
 早めずに、平気な顔で雨にビショビショに濡れている人がたくさんいるのです。

今日から新刊本「アメリカ流 親の家の片づけ」の抜粋を少しづつ載せますね。

1章 お皿は3枚でいい

義母はシニアアパートに移ってから、お皿は3枚の生活をしていました。

1枚は自分、1枚はゲスト、1枚は予備に壊れたときに使う。

それだけだったので数個のマグとお皿3枚のガランとした空間の食器棚でした。

ゲストが大勢くるときは紙皿で充分だといい、徹底して老後はお皿を持たない生活をしていました。




http://www.amazon.co.jp/モノを減らしてゆたかに暮らす-アメリカ流-親の家の片づけ-アントラム栢木利美/dp/4804705090/ref=pd
 
まだまだ、本の動きはありません。
「引き寄せの法則」によると、今の現状に思考の焦点を合わせるのではなく、
既にそうなった状態に思考の焦点を合わせる。
本が大手書店でも売れ出すことを焦点にしてみます。


kayaki-usa HOME

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 突然の死
    響子
  • London book festival で受賞しました
    みほ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM